(1) コロナウイルスの種類と特徴



(1)-1-①:コロナウイルス変異株の分類と呼称

WHOは懸念される変異株と注目すべき変異株について、最初に検出された国や地域が呼称の一部として用いられることによる偏見の懸念から、2021年5月31日にギリシャ文字を使用した新たな呼称を提唱した。

<変異株の分類と呼称>                                    2021年7月17日時点
1-1-1.png
※1:懸念される変異株(VOCs; Variant of Concern) ※2:注目すべき変異株(VOIs; Variant of Concern)


(1)-1-②:変異株と変異種の違い

変異株は「ウイルスの性質が一部変化したもの。」
変異種は「新しい生物種が誕生したもの」となります。
日本感染症学会によると、今回日本で確認されたコロナウイルスは感染力が強くなった性質変化はあるものの「元来持っていた新型コロナウイルスの基本的特性はほとんど引き継がれており、依然として新型コロナウイルスのままなので、変異株と呼ぶべき」と説明しています。
そのため、もし今回のコロナウイルスの報道で変異種と言われていたら誤用なので気を付けましょう。

1-1-2-1.png

1-1-2-2.png


(1)-2:ウイルスの特徴

ウイルスは、
① 蛋白質の外殻、内部に遺伝子(DNA、RNA)を持っただけの単純な構造の微生物です。
② 細菌のように栄養を摂取してエネルギーを生産するような生命活動は行いません。
③ たとえ栄養と水があったとしても、ウイルス単独では生存できません。
④ 自分自身で増殖する能力が無く、生きた細胞の中でしか増殖できませんので、他の生物を利用して自己を複製することでのみ増殖します。その過程で「変異」を繰り返し、より環境に適応しやすいよう姿を変えていきます。

(1)-3:新型コロナウイルスが感染力を保ち続ける「寿命」は?

様々な環境下での新型コロナウイルスが感染力を保ち続ける「寿命」は、最も長かったのはプラスチックの上で、最大で3日間、感染力を持っていた。銅の上では4時間、ボール紙の上では24時間で、感染力を持ったウイルスは見つからなくなった。どの環境でも、ウイルスは時間がたつほど減っていた。プラスチック上で、ウイルスの量が半分になる時間は、6・8時間程度だという。


患者のせきやくしゃみなどによって飛び、密閉された空間で、空気中をしばらく漂う細かい微粒子「エアロゾル(エーロゾル)」中では、3時間感染力を保つことも確かめられた。

1-3.png

  • 最終更新:2021-10-07 20:10:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード